FC2ブログ

有頂天ゲーマー スーパーオデッセイのおもろい一日

京都のゲームサークル、SOLGERのメンバー、 スーパーオデッセイの、ケーム・ギャンブル・ 呑み等、おもろい(おもしろい)一日の日記です。

サカつく7 6年目終了

3月23日、金曜日の夜に、ようやく6年目を終えることが出来た。

年始めに、期限付き移籍に出ていた、FW 波田と MF 塚原 が帰ってきた。
FWのランクが、久保・波田・大津の順に変わったため、
大津を海外に1年間期限付き移籍に出す。
コーチの方も全選手がポリシー枠に収まり、連携が強まっていく。
1月にDF 寺尾 進の特徴・プロ意識が高いで、練習効果が上がり、
練習結果を確認すると、成果のバーが天井まで来ている。
これが3カ月間続いた。この成果は年末に出ることになる。
2年間期限付き移籍に出ていた、MF 原口 が帰ってきた。
素質はあるのだが、晩成の選手のため、なかなか能力に反映しない。
短期決戦になるため、先の塚原と一緒に、移籍オファーで出してしまった。
8月には、金が40億ある状態に。スタジアムにはスペースの関係で
投資できないため金がたまっていった。たまたま、スカウトリストを見ると
未所属選手に、イングランドの至宝・21歳のFWオーウェンがいた。
4年目頃から金に余裕が出始め、世界屈指の素質を持つ選手に
数回オファーを出したが、年俸10億以上とふっかけられ諦めていた。
セーブして、オーウェンにオファーを出すと、まだ若いせいか
5億の提示である。少考後、交渉に入り、年俸3億でゲットした。
我が、アンフィニ東大阪での最高年俸選手になる。
外国人が4人になって、試合に全員出せないので
MF ルシアーノ・ヴィクトル(ブラジル)と先々を考え
点取り屋のスーパーサブ・金崎 夢生を半年間海外に出す。
オーウェンの加入と、コーチの変更の結果と
年初めの驚異的な練習の結果、チーム総合力が格段に上がり、
今年もJ1の方は簡単に優勝。
ヤマザキナビスコカップも決勝トーナメントのみなので楽に優勝できた。
ACCも苦労なく優勝できた。ニューイヤーカップも優勝できた。WCCは、
ついに対戦チームと総合力が並び、セーブ・ロードを繰り返し優勝することができた。
年末にエストデーラにワールドプレミアシップに誘われるが
断ってしまい、来年の秋に後悔することになる。

6年目の戦績は
J1、34勝 0負 0分
ヤマザキナビスコカップ 優勝
ACC 優勝
WCC 優勝
ニューイヤーカップ 優勝
6年目終了時のスタメン選手は、
FW  オーウェン(イングランド)   未所属選手から
    波田 琢郎        ユース選手
MF  都築 仁         未所属選手から
    柴崎 岳         鹿島アントラーズから直接スカウト
    玉木 武宏        未所属選手から
    谷口 博之        未所属選手から
DF  ロドリゴ・ララ(ブラジル)    初期メンバー
    久保 竜彦        未所属選手から
    林田 隆之介       ユース選手
    力  右徹        未所属選手から
GK  流智 将群        外部選手
控え  FW 大津 祐樹        柏レイソルから直接スカウト
(期限付き移籍中)
MF 金崎 夢生        名古屋グランパスから直接スカウト
(期限付き移籍中)
    MF ルシアーノ・ヴィクトル(ブラジル)   未所属選手から(期限付き移籍中)
    DF 寺尾 進         ユース選手から
    DF 平川 祐介        未所属選手から
    DF 中西 水輪        未所属選手から
    DF アレックス・クライネ(ブラジル)    未所属選手から
    GK 中島 仁         未所属選手から
スポンサーサイト



ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<サカつく7 選手ランク | ホーム | 今日の休日>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |