FC2ブログ

有頂天ゲーマー スーパーオデッセイのおもろい一日

京都のゲームサークル、SOLGERのメンバー、 スーパーオデッセイの、ケーム・ギャンブル・ 呑み等、おもろい(おもしろい)一日の日記です。

ミドルアース麻雀部 分析

勝負を制するには分析が不可欠です。
当会ルールと、メインメンバーの分析をしてみます。

当会のルールは、俗にいうなしなし。
原則4回戦行う・東南戦・東場流局時、親がノー聴時、親流れ・南場親流れ無し
トップ33300以上・25000持ち、30000返し・形聴なし
ノー聴罰符30をノー聴者で分け・西、北戦開始時、全員が上がっていたら焼き鳥復活
西戦、北戦あり、北戦終了時持ち点の多い者がトップ・2回戦終了時席替え
完全先づけ・鳴きタン無し・赤ドラ、カン裏無し・役満祝儀10オール
焼き鳥15・跳び10・順位ウマ 30、10、-10、-30
全戦終了時、全戦結果集計後、一桁切り捨て、修正はトップの減点か4位の加点

だいたいこんなところです。以下にメインメンバーの分析です。

オーガ氏  強運派
ミドルアース麻雀部会長であり、会の運営を行っている。
ドラ・裏ドラの保有率が高く、ごみ手を満貫まで引き上げる。
1度流れに乗るとなかなか止められない。
攻撃 5  防御 5  の スタイルに見える。
序盤にトップに躍り出るが、優柔不断からトップの座を明け渡すことが多い。
この結果、現在2位であり、2位の回数がもっとも多い。

こかど氏  理論派
過去に強運派だったが、最近は理論派に転向。
派を転向した事もあり、うまくかみ合っていない。
攻撃 6  防御 4  の スタイルに見える。
勝負に出るときは牌離れがよく、振り込んだ後「ここで当たり牌を引くとは」
が口癖である。現在不本意にも3位である。

タケタケ氏 豪腕派
豪腕の打ち筋は見るものを楽しませるが、当り牌の読みがしっかりしていないと
打ち込む回数が増えリスクも高い。
ただ、大きくはまると流れを引き寄せ独り舞台になることもある。
攻撃 7  防御 3  の スタイルに見える。
以前は、麻雀最中に酒を飲み、場を壊したことも数回ある。
そのため、麻雀終了後に飲み会を設け、最中に飲むのを禁止した。
現在不本意にも4位である。

上記がメインメンバーの分析です。ちなみに私の自己分析では

私     流れ重視派
ツモから捨て牌までのスピードとリズムに気を使い
全体の流れを見て攻撃・防御を決める。流れが悪いときに、
自分の流れにしようと小細工を労し、逆に落ちていくこともある。
攻撃 3  防御 7  の スタイルを維持しようとするが
攻撃に特化するために、酒の力をかりる場合がある。
ゲームと同じく、口撃により場を支配するのが得意。
現在首位を独走中であり、毎回1位獲得記録を8回まで更新中であるが
苦渋の夜・絶望の朝を何度も迎える。
スポンサーサイト



ギャンブル | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<10月15日 第9回ミドルアース麻雀会 | ホーム | 平成23年度 ミドルアース麻雀大会 結果報告>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |