FC2ブログ

有頂天ゲーマー スーパーオデッセイのおもろい一日

京都のゲームサークル、SOLGERのメンバー、 スーパーオデッセイの、ケーム・ギャンブル・ 呑み等、おもろい(おもしろい)一日の日記です。

4月1日 SOLGER例会

本日、SOLGER例会に出席しました。
銀河英雄伝説アムリッツァ会戦(ツクダ)を、1戦プレイしました。

他の方のレポート
SOLGER航海日誌

本日は、歴史の曙会。前回7人中5位と惨敗したため、必勝戦略を考えてきた。
メンバーを確認すると、マルチの宿敵U野氏は不参加。前回優勝の桑トロ氏は
前日5時までカラオケに行っていたらしくへろへろだ。モチベーションが下がった。
飛び入りで、くろだ氏が来ることになり、マルチメンバーから1人抜ける話になった。
くろだ氏が、銀河英雄伝説アムリッツァ会戦(ツクダ)の対戦を希望したため
私が抜けてくろだ氏の相手をする事になった。
1チット、2分30秒でプレイと決める。陣営は私が同盟を担当することに。
1ターン目、くろだ氏は同盟チットをどんどん引いてくれる。
5回目のヤンの行動でビュッテンが8ユニット除去で強行突撃に
ミッターマイヤーも2ユニット除去できた。上々のスタートだと思ったら
強行突撃のビュッテンの行動でヒューベリオンが被弾。裏返ってしまう。
2~3ターンは、イニングエンドが早く出て、大きな展開はなかった。
4ターンに、ヤンは目標をメックリンガーに変え、ビュコックが
ケンプに圧力を掛け始める。モートンはヤンの後方を守るべく右側に移動。
アップルトンはキルヒアイスに備え、防御線を張り始める。
ミッターマイヤーを合計で6ユニット・メックリンガーを4ユニット除去出来た。
帝国側は、ロイエンタールの10ユニットを弱くなったミッターマイヤーの補強に
向かわせ、ラインハルトをヤンの側面に移動させてきた。この時点での艦隊配置だ。

ロイエンタール ケンプ メックリンガー ミッターマイヤー ロイエンタール
―ビュコック― ――――ヤン―――― ラインハルト
                 モートン
        アップルトン

5ターン目はすぐに終わり、6ターン目にキルヒアイスが出てくる。
この時点で、4個艦隊壊滅の勝利を諦め、守備による勝利に方針を転換する。
うまい具合にアップルトンとモートンの戦線が引っ付きヤンの後方を守備する
形になった。この時点での艦隊配置だ。

ロイエン ケンプ メック ミッター
ビュコック ――ヤン―― ロイエン
ビュコック   ヤン― ラインハルト
                    ヤン- ラインハルト
ルッツ         アップルトン モートン
ワーレン
キルヒアイス

7ターン目にキルヒアイスがアップルトン・モートンに近接する。
同盟側はビュコックとヤンで1つの円を作り、円の後ろ半分は、
アップルトンとモートンが戦線を作る形になり、キルヒアイスに2線を引いて
待つ形になった。8ターン目はすぐに終わり、9ターン目にキルヒアイスが
モートン・アップルトンを同時に攻撃していく。
10ターン目にモートン・アップルトン両艦隊が敗走するが
ビュコック・ヤンの防御は硬く、12ターンまで守りきり同盟の勝利となる。
私の見たところ、モートンはラインハルトに攻撃させ、
キルヒアイスは、アップルトンとビュコックに絞り攻撃していれば
帝国は勝利可能だったと考える。
今回、くろだ氏のプレイにいつものような冴えはなかった。
やはり、1チット2分30秒の縛りは大きく作用したようだ。
ゲーム終了後、AMI氏・みねさん・タケタケ氏・くろだ氏・私の5人で
王将に遅い夕食へ。車のために、アルコールが飲めない私の傍ら
くろだ氏とタケタケ氏はビールをうまそうに飲んでいた。
ここでは彼らが勝利していた。くろだ氏を自宅に泊めることにして
自宅で酒盛り。楽しい週末は終わりを告げる。
スポンサーサイト



SOLGER例会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<最後の飲み会 | ホーム | 実家タイタン会&飲み会>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |