FC2ブログ

有頂天ゲーマー スーパーオデッセイのおもろい一日

京都のゲームサークル、SOLGERのメンバー、 スーパーオデッセイの、ケーム・ギャンブル・ 呑み等、おもろい(おもしろい)一日の日記です。

私は此処に立つ

明日はソルジャー例会日。明日初めてプレイするゲームを先週借りた。
Here I Standというゲームだ。日本語訳で私は此処に立つというそうだ。
プレイに備えてルール位は覚えないと。

今日は土曜日。午前中のみ仕事がある。
Here I Standというゲームを借りたのは10月30日。
タケタケハウスゲーム会が終り自宅に持ち帰ったのが21時前。
夕食を取り風呂に入り真田丸を見て寝た。
月曜日。火曜日は月末・月初めで仕事が忙しく
21時頃からとてもルールを読む気にもなれない。
水曜日は翌日家族旅行で出発が翌朝10時と時間に余裕があり
ウィキペディアで時代背景を調べる。
ゲーム主人公のマルティン・ルターは宗教家であり
当時の贖宥状に疑問を持ち95箇条の論題を提唱、ここからゲームスタート。
6人プレイのゲームで担当が
新教(マルティン・ルター)・教皇・イングランド
フランス・ハプスブルク・オスマントルコだ。
とりあえずタケタケ氏がイングランドをプレイすると決めている為
私は担当を決めないといけない。フランスが割と簡単だと聞いていたが
ゲーム開始時からハプスブルク・教皇と戦争状態にあり
スコットランドをめぐりイングランドとも戦争状態になる四面楚歌の国家だ。
ハプスブルグ家・フランス・オスマントルコの時代背景もウィキペディアで調べ
水曜日は就寝。木曜・金曜は家族旅行で金曜日に30ページ程のルールブックを
読み始める。一度全部読んだが余り頭に入らない。
そして本日土曜日、昼食後14時から地図を広げ地形の確認。
担当国シートを見て指導者の特徴を把握。
イングランド・フランス・ハプスブルク・オスマントルコの4か国については
陸・海駒を数え優劣を比べ、探検者・征服者の能力チェックを終え16時に。
少林寺拳法練習に行く子供達と一緒におやつを食べながら休憩。
17時からルールブックを読み昨日と合わせ計3回読んだ。
移動・戦闘のルールはほぼ把握出来たが各担当の研究までは間に合わない。
特に宗教がらみのルールは複雑だ。これで新教・教皇の担当は無理となった。
子供達が練習から帰って来て飲み始める。この時点で担当国の研究は諦めた。
これにより巨大国家ハプスブルクの担当も不可能になった。
しかし明日私はソルジャー例会場に立つであろう。
スポンサーサイト



日々の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<10月2日 ソルジャー例会 | ホーム | 11月3日・4日 瑠璃渓家族旅行>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |