FC2ブログ

有頂天ゲーマー スーパーオデッセイのおもろい一日

京都のゲームサークル、SOLGERのメンバー、 スーパーオデッセイの、ケーム・ギャンブル・ 呑み等、おもろい(おもしろい)一日の日記です。

叔母の御通夜

明日は午前中有休を取っている。夕食にちゃんこ鍋を出してもらい
ゆっくり飲んでいたら母から電話が掛かって来た。

私は親戚に恵まれている。特に叔母には色々とお世話になっている。
父方で血のつながっている叔母は父の妹が3人いて
上の叔母と下の叔母は京都に住んでいる。
上の叔母は厳格な方で私に社会のルールや厳しさを教えてくれる。
下の叔母は愛情にあふれた方で肉親や身内の愛情について考えさせてくれる。
真ん中の叔母は千葉に住んでおり私に女房を紹介してくれた大切な方だ。
世話好きな方で社会とのつながりについて考えさせてくれる。
母方には母の姉がいて苦労してお金持ちになった方で
私にお金の大切さを教えてくれる。
何故か私自身がとても辛い時や一人で解決出来ない問題に悩んだ時に
手を差し伸べてくれる。身内に生かされてきたといつも感じる。
今回亡くなった叔母は母の兄の奥さんになり私と血のつながりはないが
とても良くしてもらった。母の実家に住んでいた為
会う機会も多く親戚づきあいについて良くアドバイスをもらった。
毎年お盆と正月には挨拶に行っていたが数年前から体調を崩し
叔母の負担になる為2年に一回位の挨拶になっていた。
飲んでいる最中に母から訃報を聞き涙が出た。
翌日仕事が終り川西まで御通夜に出る。
仕事が終り東大阪を出たのが20時過ぎだった為着いたのは21時過ぎ。
御通夜は一通り終わり帰られた方も多く閑散としていた。
私の両親も帰った後で喪主の従兄のお姉さんに挨拶し顔を見せてもらった。
病気のせいか顔はやせ細っていたが何故かいつもの笑顔で
微笑んでくれているようにも見えた。いつも微笑みが耐えない
穏やかな叔母であった。母の兄が今日は泊まるようで
食事に付き合い帰る前にもう一度顔を見て棺の叔母につぶやく。
明日は仕事の為お葬式に参加できない不義理な私を許してほしいと。
横に居た従兄のお姉さんから今日来てくれただけで母も喜んでいるし
今まで母の元に挨拶に来てくれていつも喜んでいたと言われた。
今年2月におばあちゃんが亡くなりようやく傷も癒えたのに
この瞬間サウザーのこんなに辛いなら愛などいらぬと言った事を理解出来る。
私が年を重ねる度に私の大事な方達も年を重ねていく。
また悲しみを癒す日々が必要になりそうだ。
スポンサーサイト



日々の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<12月8日 職場忘年会 | ホーム | 12月4日 ソルジャー例会>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |