有頂天ゲーマー スーパーオデッセイのおもろい一日

京都のゲームサークル、SOLGERのメンバー、 スーパーオデッセイの、ケーム・ギャンブル・ 呑み等、おもろい(おもしろい)一日の日記です。

平成29年GW実家ゲーム会 5月3日 一年戦争

今回GWの5月3日・4日・5日を利用してゲーム三昧計画を発動。
実家の2階10畳の和室を借り3日はAMI氏と差しで
4日・5日は提督氏も交えてゲームを楽しむ。

他の方のレポート
ソルジャー航海日誌

AMI氏との待ち合わせは大和西大寺9時7分の京都行急行。
時間通り集合し竹田駅に9時45分に着く。父迎えの車に乗り山科へ。
実家に着くと2階10畳の和室をセッティングし一年戦争の続きをスタートする。
去年の9月24日・25日に私連邦軍・AMI氏ジオン軍でキャンペーンを始め
7月前半ターンまで終了。11月23日には7月後半ターンから
11月前半ターンまで終了。実際次の対戦はここまで間が空くとは思っておらず
特に最近は信長後継者戦争の研究に忙しかったのだが
去年の12月に次回対戦用に考えて作ったワードの資料が残っていた為
サーフェスにデータを入れ実家に持ち込んだ。
このターン国力35に+35でGP70となる。
工場にあったサラミスを2枚換装し要塞を増産。
これをトーキョーとシンガポールに配置。ペキン横にジオン地上軍が集結しており
これをニューホンコンに誘導する狙いだ。トーキョーに入られると地形的に
奪還が困難になる為である。後はソーラシステムを生産し宇宙の拠点奪取に備える。
ジオン軍の地上軍はこちらの狙い通りニューホンコンに入ったのだが
宇宙ではエリアBから前進した連邦宇宙軍への対応で
サイド1かサイド5に集結し防御すると考えていたのに
ジオン宇宙軍はE地点に前進しMS3枚をシンガポールに降下させた。
これは予想外でありシンガポールの要塞は破壊されてしまった。
しかしこれによりソーラシステムを使わずサイド5の奪還に成功。
地上ではスエズ奪還に向け9枚のMSがスエズを包囲する。
11月後半終了時ジオン軍VPは15で勝利判定ダイスも出ず12月へ。
国力は33に減ったが+35で68GPと予算は豊富である。
地上・宇宙にMSを5枚ずつプラス出来るように生産。
連邦軍は地上ではスエズ・ニューホンコン・ブルネイを奪還。
スエズに居たディザートザクとガデムは砂漠に逃げられ
東南アジアにいたジオン地球軍はシンガポールに集結し
難攻不落の拠点となってしまった。宇宙ではジオン軍がソロモン守備隊と
地球降下部隊の2つに分割された為、手薄になったサイド2を奪還。
サイド5に守備隊を残し連邦宇宙軍主力はソロモン方面に進んだ。
12月後半最後のターン、連邦軍はシンガポールの奪還を諦め
ニューホンコン・ニューギニアが奪還されないよう守備隊を送り
連邦宇宙軍の降下作戦にも備える。結果宇宙ではサイド1・サイド4を奪取。
地上のジオン軍支配はシンガポールのみに押さえ12月後半
ゲーム最後の勝利判定。ジオン軍はギレン・キシリアで3点
サイド3・アバオアクー・グラナダ・ソロモンで6点。シンガポールの1点で
合計10点。ダイス8以下で連邦勝利にダイスは6と連邦勝利でゲーム終了。
今回初めてキャンペーンシナリオを最後までプレイできた。
去年の9月から開始し3日間を費やした甲斐はありとても満足だ。
今日は10時半からスタートし途中昼食を取りに出た後休憩も挟み
ゲームが終了したのが14時半である。
AMI氏と協議し今度は陣営を変え対戦。特別ルールとして今回使用した
ジオン軍ゲーム開始時にGP20持ちでスタート。
更にコロニー落としの際、コロニーが動き始めて5移動フェイズ以内に
降下ポイントになければコロニーが消失するルールを入れた。
5移動フェイズはゲームでは1カ月以上に相当し
一回のコロニー落としでこれ以上長くは推進力を維持出来ないだろう
というのが私とAMI氏の見解であり、コロニーを餌に
何度もB点で戦闘を強要されると連邦軍が勝てないという
ゲームバランス的な事もある。取り敢えず初めて今回のルールを入れプレイ開始。
1月前半ジオン軍はTLを2にしてGP貯金が43となる。
グラナダから出たキシリア艦隊がサイド2のコロニーを使用しコロニー落としを開始。
1月後半ジオン軍はTLを3にしザクⅡ1枚増産し生産。
そしてシンガポールに降下作戦を実施。シャアとドズルを乗せたザクⅠが
シンガポールを占領。ここには2月前半に要塞を建設し完成する
2月後半開始までシャアとドズルを駐屯させる事になった。
この為2月前半に行われた第一次ブリティッシュ作戦はMS29枚と1枚少なく
エースパイロットであるシャア不在で行われた。
シャア不在でランバラルに負担がかかったのか戦闘の傷が悪化し初のパイロット
戦死者となった。ジオン軍損害は平均より少し多かった。
しかしコロニー落としにより連邦の生産力は-5となった。
2月後半先の戦闘での被害回復のため損害を受けた隊はサイド5へ
損害を受けていない隊でキリマンジャロに降下作戦を行いここにも要塞建設を行う。
3月前半ターンで先の損害を完全に回復させ第二次ブリティッシュ作戦を実施。
艦船は9隻だがグワジンが1枚増えムサイが1枚減る。
MSもザクⅡ指揮官用が6枚加わり第一次より戦力アップ。
しかし今回AMI氏はセイバーフィッシュ隊30枚を生産し
強引に宇宙に上げてきた。これによりコロニー落としは失敗し
連邦の生産力-3の損害とセイバーフィッシュ隊の全滅
連邦宇宙艦隊はサラミスにはほぼ損害を与えたが
マゼランへの損害は軽微であった。こちらの損害は平均程度であり
3月後半ターンから損害の回復と降下作戦を併用で行っていく。
B点から後退する際にリオデジャネイロに降下作戦を行い
損害のない隊でE点に移動しペキン・トーキョー・シンガポール
ブルネイ・バースに同時降下作戦を行い占領する。
4月前半ターン軍備フェイズでMSについては先の損害を回復するも
艦船については宇宙に9隻いたジオン宇宙艦隊は
グワジン2枚・チベ2枚・ムサイ2枚・ドロス1枚の7隻となり
工場にあったムサイ2枚の内1枚をキャラクター欲しさの
マッドアングラーを生産する為換装に使ってしまった。
それでも連邦宇宙軍はマゼランには補充し8枚表の状態だが
サラミスは1枚表で10枚は裏のままである為
宇宙艦隊には手を付けずMS隊の充実と開発に力を入れる。
4月前半ターンにはウラル・テヘラン・マドラスに降下作戦を行い占領し
要塞のあるキリマンジャロにザクⅡ陸戦型を輸送しキンバライドに向かわせる。
連邦軍はセイバーフィッシュ隊を生産し始めリオデジャネイロを奪還される。
4月後半ターンにウラル・テヘランは連邦軍に奪い返されるが
マドラスに要塞を建設、ザクⅡ陸戦型がキンバライドを占領。
さらにこのターン生産したアッガイがシンガポールに輸送されニューギニアを目指す。
マッドアングラーは後半の移動フェイズでディザートザク・ザクⅡと一緒に
キリマンジャロに輸送される。
5月前半ターンにジオン軍のウラル・テヘラン再奪取降下作戦を察知した
連邦軍はテヘランとウラルにいたセイバーフィッシュ隊・61式戦車隊を
オデッサに引き上げさらにオデッサには2枚目の要塞が建設される。
ジオン軍もオデッサの重要性は分かっているのだが
エリアEの北東アジア・東南アジアの平定が終り維持に入った為
ウラルに降下作戦を実施し再奪取。ウラルに降下したディザートザクがテヘランを
再奪取。キリマンジャロのマッドアングラー隊がスエズを奪取。
5月後半ターンにオデッサにある2枚目の要塞が表になり
本気でオデッサ信仰を決意。このターンからTLの予算を8に上げる。
国力は35前後をキープしていた為予算には余裕があるように見えた。
そして第2行動フェイズでジオン地上軍先発隊がオデッサに侵入。
6月前半ターンに連邦軍は東南アジアでの攻勢を決意。
トリントンに10枚のセイバーフィッシュ隊を輸送する。
キンバライドで抵抗していた連邦潜水艦隊はジオン軍の増援を察知し
ジブラルタル方面に転進。ジオン軍はズゴックとゴックを
アフリカと中東に輸送しオデッサを圧迫。
6月後半ターンに連邦軍はジブラルタルにも要塞建設を開始。
トリントンのセイバーフィッシュ隊はバースを攻略し
ニューギニアに向かう。シンガポールの要塞にいた
アジア方面軍司令のガルマザビはザクⅡ指揮官用に乗りニューギニアに向かう。
そしてガーナ・ダカールの制圧を任せていたジョニーライデン率いる
ディザートザク隊がジブラルタル要塞建設を妨害しパリも占領。
現在22時となりゲームは6月後半終了時に中断し保存する。
途中休憩と夕食を挟んだ為プレイ時間は5時間強である。この後
AMI氏が風呂に入り私が風呂に入る。出てから一人で晩酌を始め
寝たのは1時過ぎとなる。
スポンサーサイト
ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<平成29年GW実家ゲーム会 5月4・5日 マルチゲーム | ホーム | 1-2-Switch>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |