有頂天ゲーマー スーパーオデッセイのおもろい一日

京都のゲームサークル、SOLGERのメンバー、 スーパーオデッセイの、ケーム・ギャンブル・ 呑み等、おもろい(おもしろい)一日の日記です。

平成29年実家ゲーム会 7月15・16日

今回7月15日・16日を利用してゲーム三昧計画を発動。
AMI氏と差しで一年戦争の続きをプレイし
時間が余ればコンバットコマンダーをプレイする予定である。

他の方のレポート
ソルジャー航海日誌

ゴールデンウィークに3日間ゲーム会を実施したばかりであり
普通にゲーム会を開催したいと言っても却下されるので
今回は少し小細工をしてのゲーム会申請となった。
息子と一緒に実家に帰り息子は両親と遊んでもらい
女房と娘は楽しく自宅で過ごすプランだ。
これが功を奏してゲーム会の了承を得る事が出来た。
AMI氏とは夕方大和西大寺で待ち合わせ父に竹田駅まで迎えに来てもらう。
実家に着くとAMI氏に二階の部屋をセッティングしてもらい
私はWi-Fiルーターを出し息子のタブレットとスイッチを繋ぐ。
実はこれが秘密兵器であり、息子を実家で退屈させない方法である。
実家には両親が二人で住んでおり当然必要ない為モバイル回線は無い。
この為以前から色々と考えていたのだが数日前にWi-Fiルーターを買った。
月1ギガで一カ月分繰越出来ており今2ギガ使用できる。
動画のダウンロードだと14時間程使える為多分大丈夫だろう。
息子のケアを終え二階に上がり一年戦争の続き分を配置していく。
ゲーム中断時の6月後半ターン終りには
ジオン軍戦力MS38枚の内、工場に1枚・宇宙に17枚・地上に20枚となり、
艦船は9枚の内、工場に1枚・宇宙に7枚・地上に1枚となる。
連邦宇宙軍は艦船が裏のユニットも含め19枚あり
ジオン軍は降下ポイントであるD・E点の制宙権をかろうじて確保している。
連邦軍はジャブロー上空のB点を確保している為
その気になれば宇宙での反撃が可能となる。
この点を踏まえ、宇宙ではこのまま睨み合いを続け(問題の先送り)
宇宙と工場にあるMSを可能な限り地上に輸送する。
考えた結果、宇宙にはMS14枚を残し、残りは地上の攻勢と防御に当てる。
現在VPは24点であと1点取り25点になると勝利判定ダイスを振る事が出来る。
取り敢えず1度でもいいのでダイスを振りたい。
結果ニューギニアとパリを死守して、ダカールかジブラルタルのどちらかの
占領を考える。ニューギニア付近には連邦軍のセイバーフィッシュ隊が
10枚集結している。このままだとザクⅡ指揮官用1枚とアッガイ1枚では
分が悪い為、ここには要塞を建設する事に決める。
特にニューギニアはF点にあり落とされると再奪取が困難な為
7月前半ターンに増産するアッガイと工場にあったザクⅠを換装し
作るアッガイに宇宙のザクⅡ2枚をシンガポールに輸送し絶対死守の構えを取る。
後1枚の要塞建設はパリかキンバライドで迷ったが
パリはオデッサ・ベルファスト・ジブラルタルにゾックで囲まれており
地上からは増援MSを輸送出来ない為キンバライドに要塞を建設し
キンバライドを守備していたザクⅡ陸戦型をガーナ守備に当てる。
オデッサにはお互い大軍を集結させているが攻略する気は無く
この敵戦力がここで貼り付けされるようにこちらが
攻略するように見せかける為MSを集めて行く。
このターン連邦軍はホワイトベースとボールを9枚生産する。
これが宇宙に上がって来て宇宙の圧迫感はさらに増すも
連邦軍の積極行動は無かった。地上ではニューギニア付近の
セイバーフィッシュ隊がニューギニア攻略を諦め
トリントンから7枚が宇宙に打ち上げられた。
これでさらに宇宙の圧迫は増したが残り3枚はジャブローに戻った。
ジオン軍はオデッサに居たザクⅡとディザートザクをパリに入れ
パリに居たディザートザクをジブラルタルに入れ
ジブラルタルに居たディザートザクでダカールを占領。
一時的にでも念願の25点に到達。7月後半ターンまで維持出来れば
勝利判定のダイスを振る事が出来る。
連邦軍がニューギニア攻略を諦めたようなので
ニューギニア付近のアッガイ3枚をウラルに輸送。
オデッサにはズゴック3枚ゴック2枚アッザム1枚が集結し前半ターンを終える。
7月後半ターン、連邦軍は先行MS陸戦型ガンダムとジムを3枚ずつ生産。
ジオン軍もザンジバル・ザクレロ・グフ3枚を生産しグフは地上に送り込む。
オデッサの部隊はバリに向かう途中、連邦ミデア隊に大打撃を与え主力はパリに集結。
パリにはズゴック3枚・ゴック2枚・アッザム1枚・ザクⅡ1枚
ディザートザク2枚(1枚は裏)が守備に就く。グフ3枚はウラルに輸送され
オデッサに隣接し機会をうかがわせる。
ジャブローからベルファストに輸送された連邦陸戦型MS6枚は
パリには侵攻せずジブラルタルでセイバーフィッシュ隊と合流。
8月に万全な状態でパリに入る作戦のようだ。
宇宙でもお互い大きな動きは無く、国力38、VP25で7月が終了。
ここで勝利判定のダイスはまさかの12で連邦軍降伏となりジオン軍勝利で終わる。
時間は19時半前であり取りあえずこのままにして夕食に出かける。
夕食はいつも行くみやこ食堂。味・値段共に良くお互い気に入っている。
食事しながらこの後の事を話し合う。女房が子供達を連れて8月8日から
17日まで帰省する為、8月11日から13日までAMI氏とゲーム会の
約束をしている。その時のゲーム内容も含めての話となり
今日の残り時間と明日はコンバットコマンダーをプレイし
8月11日から13日までのゲーム会で1年戦争と
ソルジャーリーグ戦で途中から進行が止まってしまったトワイライトを
プレイすると決まった。コンバットコマンダーは同じシナリオで陣営を変え
2回プレイしシナリオを変えながら時間を見てプレイ回数を決める事になる。
シナリオはAMI氏に決めてもらう。
最初のシナリオは1944年ドイツ軍がバルジ大作戦で攻勢限界点に達し
退却を始める状況でのシナリオ。退却するドイツ軍が攻撃側。
チットを引き私がドイツ軍を担当。両軍戦力がほぼ互角で
突破すると得点が2倍になる為とにかくドイツ軍は米軍戦線を突破するしかない。
最初のカード6枚に移動カードが無く捨て札をするとAMI氏が増援カードをプレイ。
火力10の砲撃支援を手に入れる。これが強力でドイツ軍は前進を始めるが
地雷・鉄条網・射撃・砲撃とあらゆる手段で前進を妨害される。
私のルール把握不足とタイムトリガーが良く回った事もあり
強行突破を敢行しドイツ軍に2ユニット、米軍に1ユニットの損害が出る。
結局突破は出来ず時間切れとなり米軍の勝利で終わる。
いつも回復カードの出し方が分からずプレイしながら覚える事になるのだが
攻撃側でこれでは話にならない。陣営を変え私が米軍を担当し再戦。
最初の配置の段階から何かAMI氏と違い上手に守れていないと感じながらスタート。
プレイ途中で先ほどの戦いで除去された米軍1ユニットが
除去トラックに残っている事が判明。この為ゲームを中断する。この時22時前で
対戦は明日に持ち越す。AMI氏が風呂に入り部屋で休憩してもらう。
私も風呂に入りリビングで起きていた父と一緒に飲み就寝。
翌日8時前に母の作ってくれた朝食を取り8時半からゲームスタート。
AMI氏はゲームをプレイ慣れしている。私の認識不足であった
発煙筒手榴弾を使いながら上手に前進してくる。右側は森が多数あり
安心していたがドイツ軍の前進に伴い米兵をじりじり下げて行く。
途中私にも増援カードが来る。
ドイツ軍が捨て札をした時に出すカードなのだが
ドイツ軍は捨て札をせず前進してくる。防御側の米軍は手札4枚中
1枚が増援カードの為上手く回転しない。ドイツ軍が捨て札をし
私も火力10の砲撃支援を手に入れる。ここでドイツ軍は
1ユニットずつの突破に切り替え防御射撃カード切れを狙う。
私は射撃カード1枚しか持っておらず心理戦となる。
私は心理戦に負け2ユニットが突破されたが他のユニットの
足止めには成功。平地側では除去されても得点にならない
ヒーローが単独前進を行い重要拠点2つ奪われる。
平地を守っていた兵で1箇所は取り返せた。
得点差はギリギリとなり時間切れとなった時は1点差で
米軍勝利で終わった。2戦行いルールはほぼ把握出来た。
次のシナリオはD-day当日米兵パラシュート部隊が
降下して奪った村をドイツ軍が攻撃する。
攻撃側はドイツ軍で米兵の4倍の兵力を擁するドイツ軍をAMI氏担当。
途中数ヘックスが平地となりAMI氏に攻撃の見本を見せてもらう。
若干遮蔽の多い地形があるドイツ左翼が前進してくる。
平地部分を突破されると拠点を守る部隊が全滅する為
射撃カードを貯めこみ適時に攻撃。にらみ合いが続き
ドイツ軍は損害を無視して全体的に前進してくる。
時間稼ぎをしながら防御に徹するも白兵戦に持ち込まれ
拠点を守備していた部隊が全滅。戦闘が多数あり
カードが回転しギリギリ時間切れに助けられ勝利した。
これを立場を変え再戦。私がされて嫌であった損害無視の前進を選択。
全体的に前進すると移動カードが足りなくなるため
左翼のみを2重戦線にして前進。2ユニット除去され敵拠点に接敵。
さらに2ユニット除去されるが敵拠点ユニットを全滅させる。
ここで米兵の中央を守っていたユニットが我が左翼側に対応。
臨機射撃で裏に出来たが、ドイツ軍には移動カード
米軍には回復カードがこずカードの引き合いになる。
ドイツ軍に移動・射撃カードが揃い更に前進して
裏になった米兵を除去し完全勝利を目指すか
米兵の拠点に牽制用に兵を残し残りは突破するかの選択になる。
私は米兵除去を目指し前進するも米軍も回復・射撃カードが揃い
前進した部隊が裏になる。2ユニット突破し2ユニット除去された。
タイムの残は後2回で右翼にはドイツ兵が4ユニット残っている。
タイムが回ると突破した2ユニットが戻ってくるが
再度の拠点までへの前進は難しいと考え投了した。
ここで休憩し昼食を取る。母がそうめんとおにぎりを作ってくれた。
13時から再戦の5戦目。次のシナリオは1943年独ソ戦。
ソ連軍が守る大都市をドイツ軍が攻めるというもの。
ドイツ軍攻撃側で私はソ連軍。地雷の効果で前進中の
ドイツ軍重マシンガンを持つユニットが除去出来た。
これでドイツ軍は火炎放射器と爆薬が火力の主力となり
この主力は敵に隣接しないと効果を発揮しない為
建物を利用して前進してくる。隣接に備え射撃カードを貯めていたが
隣接してきたドイツ部隊を射撃で除去する事は出来ず
射撃が尽きた頃ドイツ軍に白兵戦を仕掛けられ
建物側を守備していたソ連兵が全て除去され投了。
立場を入れ替え再戦。ドイツ軍は前進の途中重マシンガンが
故障から壊れてしまう。前回のAMI氏と同じ立場になり
火炎放射器と爆薬を持つ部隊を建物沿いに前進させる。
しかし守備するAMI氏は巧妙に防御位置を変え中々隣接出来ない。
私の部隊運用もまずかったがそれよりもAMI氏の防御戦術が優れていた。
正しく前回と同じ白兵戦での勝負となりダイスで負ける。
タイムもまだ残っており兵力的にもまだ挽回可能であったが
バラバラに配置されたドイツ兵を集結させ前進する事を考えて
タイムが持たないと判断し投了した。この時点で16時頃であり
外は大雨で後の事を考えてゲーム会を終了。コンバットコマンダーは
2勝4敗と実力差が出た形となった。最後のシナリオは
私にとって足りないものを補えるような気がしており
機会があればまたプレイしたい。片付けが終りAMI氏を
近鉄竹田駅まで送り実家に戻った。
スポンサーサイト
ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<もう一泊 | ホーム | 飲み会のはしご>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |