FC2ブログ

有頂天ゲーマー スーパーオデッセイのおもろい一日

京都のゲームサークル、SOLGERのメンバー、 スーパーオデッセイの、ケーム・ギャンブル・ 呑み等、おもろい(おもしろい)一日の日記です。

9月30日・10月1日 ソルジャー例会

今回はメガシヴィライゼーション用の例会となり
最後までプレイ出来るように2日間の開催となります。
この二日間に出席しメガシヴィライゼーションを1戦プレイしました。

他の方のレポート
ソルジャー航海日誌

AMI氏の努力のお陰もあり良い状況で研究が出来た。
後は研究の成果を本番で試すだけだ。
午前の仕事を終え自宅で昼食を取る。荷物の用意は出来ている。
今回、OTOTO氏が途中車で拾って行ってくれる事になり
出る時間にも余裕が出来到着時間も早まる。
14時15分にOTOTO氏と合流し15時過ぎに会場に到着。
まず陣営選択の順番カードを引く。
1番 AMI氏   カルタゴ
2番 T氏     ローマ
3番 みねさん   アッシリア
4番 私      ヒッタイト
5番 タケタケ氏  エジプト
6番 CTDA氏  ギリシア
7番 OTOTO氏 ミノア となった。
私がプレイ前に感じた各プレイヤーの経験レベルは10段階で
(プレイ前のルール把握等の準備も含む)
10 OTOTO氏
 8 T氏
 6 私・AMI氏
 5 みねさん・タケタケ氏
 4 CTDA氏  となる為、ゲーム中はOTOTO氏の点数が
私の比較対象となる。実際私とAMI氏は
メガシヴィライゼーションを最後までプレイした事が無い為
この点数すら根拠がない。さらにOTOTO氏は
裏のASTでプレイした事があるようだ。
例えるなら私とAMI氏がハーフマラソン経験者とすれば
OTOTO氏は鉄人レース完走者という事になる。ゲームはスタート。
4ターン、ミノア以外トークンが16になった時に我々が驚愕。
エジプトがアッシリアとの国境に1都市を建設。
これは愚策と私・AMI氏・OTOTO氏・T氏は諫めるが
タケタケ氏は初志貫徹。エジプトのみ1の商品カードをゲット。
5ターン全員が2都市保有し1と2の商品カードをゲットする。
6ターンに国の優劣が出始める。
私の事前研究ではアッシリア・ヒッタイト・エジプト・ギリシアが
6都市になるのが可能だがギリシアはミノアと都市交換を行い少し失墜。
エジプトは4ターンに都市を先駆けて作り失墜。
アッシリアは沿岸に都市を作らない政策で失墜し
6都市 ヒッタイト 貿易カード8枚
5都市 ローマ 貿易カード7枚  カルタゴ 貿易カード7枚
4都市 ミノア 貿易カード6枚  ギリシア 貿易カード6枚
3都市 エジプト 貿易カード6枚 アッシリア 貿易カード5枚 となる。
この時点では研究が功を奏し私がリードし災害は無し。
7ターンになり各国は都市が増えて行き
7都市 ヒッタイト 貿易カード16枚(15トークン出し9のカード購入)
    カルタゴ 貿易カード14枚  ローマ 貿易カード14枚
    ギリシア 貿易カード13枚
6都市 ミノア 貿易カード12枚  エジプト 貿易カード12枚
    アッシリア 貿易カード11枚 となる。
このターンから貿易スタート。文明の購入と災害も起こる為
このターン以降の各国貿易カードは把握できなくなる。災害は
火山の噴火 主 カルタゴ 副 ローマ
裏切り   主 エジプト 受 ヒッタイト
迷信    主 ヒッタイト
蛮族の来襲 主 カルタゴ  となる。
文明の購入はトークン順から
180トークン ヒッタイト 窯業・君主制・神話
170トークン ローマ 農業・神秘主義
120トークン ミノア・アッシリア・カルタゴ 農業
 60トークン ギリシア・エジプト 窯業  となる。
ここまでは私の予定通りであった。9の貿易カードを買う
プレイヤーがいない為、君主制で増税し次のターンからも購入を続ける。
7ターンに伝染病・8ターンに暴政が起こったギリシアCTDA氏の
士気が大きく下がり途中退場の可能性が全員に蔓延する。

各プレイヤーは色々な方法でCTDA氏をなだめ大きな山場を迎えずに済む。
私は9ターンに洪水と伝染病が起き都市が1都市まで下がり
ASTレースから後退する。
9ターンが終り時間は19時半過ぎの為今日のプレイはここまでにして
初日はお開きに。タケタケ氏・みねさん・CTDA氏・T氏の4人が
西大路方面に移動するグループとなった為
私・OTOTO氏・AMI氏で傍のイオンで夕食を取る。
郊外のイオンは何処のお店もいっぱいで待ち時間も入れると
食事終了には1時間程掛かった。AMI氏をOTOTO氏の車で
大久保まで送り私達は私の実家山科へ向かう。
実家には22時前に到着し二人とも風呂に入り飲みながら語らう。
結局翌日1時前まで会話は弾んだ。
翌日7時に起き朝食を取り8時過ぎに実家を出る。
会場には8時40分前に着いたがAMI氏以外は揃っていた。
AMI氏も時間までには来て9時からゲームを再開。
再開時に現在の状況を確認すべく、各国購入文明の得点を発表する。
1位 ミノア  11点
2位 ローマ   9点
3位 カルタゴ  8点
4位 アッシリア・ヒッタイト・エジプト 5点
7位 ギリシア  3点 となるが
ASTの点を入れると順位は
1位 ミノア   56点
2位 ローマ   54点
3位 カルタゴ  53点
4位 アッシリア 50点
5位 ギリシア  48点
6位 ヒッタイト 45点
7位 エジプト  40点 となる。
この時点ではトップグループの1位から3位
中盤グループの4位から6位、最下位の7位の3つの集団となる。
しかし残り6ターンで1位ミノアはどんどんペースを上げ
全プレイヤーは置いて行かれる。私達とOTOTO氏には
貿易テクニックに差がありゲーム中に埋められる物ではなかった。
結局ASTの進行は一度も止まらず15ターンでゲーム終了。
途中大きな戦争も起きず開いた差がさらに開くのは
クーポンの産物なのだろう。
途中隣国のミノアに戦争を仕掛けるか迷ったが
研究の成果がとの程度になるのか知りたくて断念。
私は当初の予定通り文明を購入出来た。運悪く
AST上で1歩遅れ123点と4位になったが
記録を取りながらのゲームであり完走出来たことで
また目標が出来たことで次回の研究に行かす事が出来る。
以下が全プレイヤーの得点となる。
1位 ミノア OTOTO氏 162点 合計都市 75
2位 ギリシア CTDA氏 128点 合計都市 71
3位 ローマ T氏     124点 合計都市 81
4位 ヒッタイト 私    123点 合計都市 72
5位 カルタゴ AMI氏  115点 合計都市 70
6位 アッシリア みねさん 113点 合計都市 67
7位 エジプト タケタケ氏  99点 合計都市 69
今回記録を取る事に集中した為プレイ精度は少し落ちた。
後で気づいたがAMI氏も記録を取っており事前に協議し
分担していればもう少しプレイに専念もしくは
細かい記録がとれたであろう。
さすがに50歳になり2日間の連続プレイはかなり疲れた。
ゲームが最後まで行われたのは参加者全員の協力の賜物である。
皆さんありがとう。そしてお疲れさまでした。
最後に準備・進行を引き受けてくれたAMI氏に感謝したい。
スポンサーサイト



SOLGER例会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<10月1日 ソルジャー例会後の飲み会 | ホーム | リスモの後継者>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |