FC2ブログ

有頂天ゲーマー スーパーオデッセイのおもろい一日

京都のゲームサークル、SOLGERのメンバー、 スーパーオデッセイの、ケーム・ギャンブル・ 呑み等、おもろい(おもしろい)一日の日記です。

家族でスキー旅行

子供達の強い希望で
一泊二日でスキー旅行に行く。

去年の1月に家族で日帰りスキーに行った。
小代スキー場は兵庫県にあるのだが私は初めてであった。
ゲレンデも狭くリフトは3本であったが
その分客も少なくストレスも感じなかった。
去年は日帰りの為11時半から15時半までの
4時間しかゲレンデに居なかった為今回は一泊二日にして
ゲレンデに長く居られるようにする。
新大阪に7時15分集合の為朝4時半に起き朝食を取る。
子供達はギリギリまで寝かせる為
5時半には長田まで一人で歩き車をシェアして自宅に戻り
家族と荷物を載せ長田から新大阪に。
出た時は晴れていたが新大阪に着くと雨が降っていた。
7時半にバスは出発。途中から雪が降り外の雪景色に
息子は興奮気味だ。現地小代スキー場には10時45分に到着。
ゴンドラ乗り場付近に日帰り旅行用の施設があり
そこに荷物を預け直ぐに着替えてゴンドラに乗りゲレンデに向かう。
私は娘とリフトに乗り娘の練習に付き合う。
女房は息子に付いて息子の練習に付き合う。
息子は体力が無い為、板を脱いで板を女房に持たせて少しゲレンデを徒歩で上がり
降りてくる練習を繰り返すが女房も体力が無い方なので
女房が先にバテて15時頃に息子と二人でゴンドラに乗り下の施設で休憩する。
私と娘は16時半頃まで滑り17時前には下の施設に到着。
施設に家族が揃うと、施設が本日泊まる宿に電話しお迎えが来る。
私達は美方パレスに宿泊。施設は古そうだが部屋にトイレがあり大浴場もある。
ゲレンデから車で5分弱で宿に着いた。
部屋は8畳強の広さで2段ベットが2つとこたつがあった。
部屋に荷物を入れ着替えて風呂に行く。風呂の設備も古いが湯船や洗い場は広い。
食事は18時から食堂で。鍋と具材を置いてあり後はセルフでとの事。
私はビールや日本酒を注文。飲むにはあてが足りず
料理の追加は可能かと聞くが不可能であった。迎えに来てくれた運転手さんが
食堂に居て食後コンビニまで送ってくれるとの事。
私と娘が一緒にコンビニに行き酒と食べ物を購入。
運転手さんはとても感じの良い方でこれだけでまた泊まりに来ても良いと感じた。
部屋に戻り私は飲み始め女房と子供達はおやつを食べ始めた。
私は21時前に就寝。家族も22時過ぎには寝たとの事。
翌日3時に目が覚め信長の野望大志をプレイ。
5時にもう一度眠り7時半に起きた。朝食は8時から。
おかずはすくないが、ごはんと味噌汁のお代わり自由。
しっかり朝食を取り準備をゆっくり済ませ9時半には宿を出る。
再び施設に荷物を預けゴンドラに乗りゲレンデへ。
息子と女房はキッズリフトを見つけそれを利用。
少々手間が係るが歩いて上がるより楽で
息子の練習量は増え、傾斜の緩いところでは滑れるようになっていた。
昼食後自信を付けた息子はリフトに乗ると言い出し家族でペアリフトに乗る。
リフトには板を外して息子が乗り、私が息子の板を持ち
女房と娘が私のストックを持ってリフトに乗った。
上で板を付け最初は上手く滑っていたが少し傾斜がきつくなると
板の間に尻もちをつきそこからは心が折れたようで板を外して歩いて下まで降りた。
女房も板を外し息子に付き合い歩いた。息子は自分と女房のストックを持ち
女房は自分と息子の板を持って降りた。私と娘は先に降り
娘をロッジで休憩させ私はリフトに乗り再び女房と息子に合流。
そこで息子の板を私が持ち下まで降りた。
ロッジ付近で娘は待っており息子がお尻で傾斜を滑って降りると
娘も傾斜を上がり一緒にお尻で滑っており二人で楽しんでいた。
女房は疲れた為ロッジで休憩している間
息子と娘は雪だるまを作って遊んでいた。
弱気な息子にはリフトはまだ早かったようだ。
私と娘はもう数本滑ったが、娘も2日連続のスキーは初めてで
足が疲れたと言い出し、15時前に家族でゴンドラに乗り下に降りた。
下の施設には温泉があり私は温泉に入り疲れを癒す。
帰りは大きな荷物2つを宅急便で送った為、リュックが2つになった。
帰りのバスも予定通り進み、梅田に20時半頃に到着。
長田のスーパーで買い物をして22時前には自宅に到着。
全員疲れていたが、楽しさもあったようで旅行の余韻に浸りながら食事をする。
私は飲みながら子供達の話を聞く。またスキー旅行に行きたいとの事。
友人と行くと自分の事だけで済む為とても楽だ。
しかし家族で行くと子供達の世話で疲れるが楽しさの種類が違う。
スキーをしてきて良かったし、子供達に教えられることが何より嬉しい。
スポンサーサイト



家族との出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<お疲れの一日 | ホーム | ようやく酒を抜く>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |