FC2ブログ

有頂天ゲーマー スーパーオデッセイのおもろい一日

京都のゲームサークル、SOLGERのメンバー、 スーパーオデッセイの、ケーム・ギャンブル・ 呑み等、おもろい(おもしろい)一日の日記です。

高山旅行 2日目 7月15日

前日11時頃に寝て、朝4時に1度目が覚める。
少し寝て、5時半から活動開始。今日も楽しい一日でありますように。

風呂に行こうかと考えたが、みんなが寝ているため
帰ってきたとき部屋に入れないかもしれない。
サカつくをして時間を潰そうとPSPを出す。
電源が入ったままで充電の必要がある。昨日の夜、オーガ氏がサカつくを
プレイしていたようだ。今日もオーガ氏にサカつくの楽しさを吹き込むとしよう。
6時半前に、こかど氏の目覚ましがなり、こかど氏が起きた。
彼は風呂に向かったようだ。私は7時半までサカつくをプレイし
お風呂に向かう。寝汗を流し身支度を整え部屋に戻る。
朝食は8時から2階の個室料亭で用意されている。
オーガ氏が8時前に起き、みんなで朝食に。和食・洋食のどちらかを選択。
我々は全員和食を選択。献立は、
お目覚めジュース(牛乳・とまとジュース・りんごジュースのどれかを選択)・果物
ごはんかおかゆ(おかわり自由)・おみそしる・だし巻たまご・かかさのしょうが煮
おひたし(じゃがいも・にんじん・れんこんの千切り)・ほうれん草・手作り豆腐
炊きあわせ(ゆば巻・かぼちゃ・なす)・岩魚の一夜干し・おつけもの・朴葉みそ
夕食と同じで少しの量で品数が多い。まず私はりんごジュースを選ぶ。
濃厚でおいしい。1瓶840円でお土産として売っているらしい。
子供達に買うことにした。その後タケタケ氏とビールで乾杯。運転の心配が無いので
朝から飲める。明日は、洋食を選択するため少しずつ全種類を頂く。
オーガ氏は完食。タケタケ氏も私より沢山食べていたのでびっくり。
朝食を済まし部屋に戻る。協議の結果11時に部屋に集合し、
全員で原田酒造に向かう事になった。私は11時まで部屋でサカつくをプレイ。
風呂に行く者、散策する者とバラバラになる。他人に拘束されずのんびり出来て良い。
11時になり全員部屋に戻ってくる。タクシーを呼ぼうと私が言うと、
こかど氏は下見に行ったらしく、3分かからないからと言われた。
しかたなしに歩いてみたら、宿から2分で原田酒造に着いた。
店の中は広くお客さんで賑わっていた。過去に2度高山に来たことがあるが、
高山にある7つある酒造の中では大きい部類の酒造だろう。
今回の旅行のメインは、こかど氏の会社にゲーム(エポック関ケ原再販)
の注文を入れた原田氏に会いに行くことである。こかど氏が店員に
我々が着いた事を告げた。原田氏が出てきた。まずは蔵見学。
社長の原田氏と知り合いになったため、一般人には入れない所も見せてもらった。
日本酒造りの工程について説明を受けた。その後原田酒造の酒を買い込む。
8月11日にタケタケハウスで日本酒の会を行うのだが、その日本酒を原田酒造で
全部揃え、飲む順番まで聞いた。後、父の土産酒と自分用に買った。
原田社長と夕食を御一緒する事になっていたのでいったん宿に戻る。
オーガ氏の要望で、美味しい飛騨牛のステーキがたくさん食べたいとの事。
(昨日の量では不完全燃焼だったようだ)私は、お腹が減っていなかった。
サカつくをしながら、ごろごろしていたせいだろうか。他の3人は昼食モード。
昼食場所を宿のボーイさんにさがしてもらい、飛騨牛食処天狗を紹介してもらう。
宿から1分かからない近さが良かった。肉屋を一緒に経営しているようで
肉質と味は地元の人達からも支持されているとの事。値段は1人7千円程、
大阪だと一般的な値段の店だが、高山では高級店の部類に入るようだ。
厚切り肉のステーキ・薄切り肉の網焼き・しゃぶしゃぶの3種類があり
厚切り肉のステーキ・薄切り肉の網焼きは、
(オーガ氏とこかど氏がステーキ・タケタケ氏と私が網焼きを選び)
(私がロースを選び・他の3人はヒレを選んだ。)
もも・ロース・ヒレの肉の部位を選ぶ単純なメニュー。
肉の量はどのコースも150gである。ここでもタケタケ氏とビールで乾杯。
中瓶3本も空けてしまった。そのせいか、ご飯を半分オーガ氏に、
お肉を50g分ロースの味見と称して3人に食べてもらった。
オーガ氏は大満足。今までで一番との事。私も満足した。現地に行けば
現地の物を食べるのが一番良い。ただし、地元大阪にも美味しく肉を食べさせてくれる
ステーキハウスを数件知っている。大阪に戻ったら、三田牛・近江牛など
美味しいステーキハウスに連れて行くかと思った。
昼食が終わり、我々麻雀部のメンバーは、7月の会を高山でこなすことにした。
麻雀が終わり(麻雀結果は別で出します)宿に戻ると、18時40分。
原田氏との約束時間は19時。急いで土産を買い込み、風呂に入る。
風呂から出ると、原田氏と他の3人は、2階の個室料亭に陣取ったところ。
幹事のこかど氏から原田氏の隣に座るよう指示がある。
ふと思う。今週木曜から酒浸りの人生。今日で4連投。明日は通風が・・・
いかん、今日が楽しければ明日はなんとかなるはずだ。
肩を壊しても全力で投げなければ(飲まなければ)
食前酒に原田酒造の山車上澄が出ると、原田氏が仲居の岩嶋さんに感謝の意を
述べていた。昨日の食前酒も原田酒造の酒であった。地元の人達の絆の深さを
感じる。まずはビールで喉を潤す。この後の酒は、地元原田氏の選択で進む。
まずは氷室を2合。私・タケタケ氏・原田氏の3人で飲む。
料理は椀物に差し掛かり、早松茸が入っている。酒も入り始め会話も弾む。
原田氏は私より1つ年下で、第一次ブームでゲーマー入り。
気がつくと仲間が居なくなり、結婚後ゲームを処分していたが
最近、コレクターとして戻ってきたらしい。仕事を息子さんが継いで
暇になったらプレイヤーとして復活するそうだ。この趣味は老人になっても
出来るので嬉しい。酒が無くなり久寿玉生酒を2合。おちょこを変え
飲み合う。料理も煮物に進み、真鯛あら煮がでてきた。あら煮なら
身の部分だけを苦労せずに食べる事ができる。半分弱食べて下げてもらう。
この頃、こかど氏とオーガ氏は、原田氏に地元の美味しい物を尋ねていた。
岩嶋さんも加わり、ラーメン談義が始まっている。この結果、
こかど氏・オーガ氏は食後にラーメンを食べに行くことになった。凄い食欲だ。
肉料理は飛騨牛すきやき。量が少なくてもこの後にラーメンが控えているため
オーガ氏も愚痴をこぼさない。酒が無くなり、やんちゃ男酒を2合。
私はご飯をパスした。この後、タケタケ氏とすし兆に行くつもりだ。
原田氏のおかげで楽しい食事会になった。ありがとうございます。
原田氏・こかど氏・オーガ氏は宿を出て行った。私とタケタケ氏はすし兆に。
お腹が一杯で酒のあてをだしてと店長に頼むと、うるかを出してくれた。
(鮎の卵と山芋をまぜたもの)これがとても酒に合い、食が進み始め
飛騨牛すしまで頼んでしまった。店長は高山でも有名な板前らしい。
相方の女の子は日本酒の知識がすごく、ソムリエのようだ。
客が我々だけで話も進み、日本酒を3杯も飲んでしまった。
ラーメンを食べて帰ってきた2人と合流し部屋へ。
明日もあるため、布団に入り一番に就寝。明日も楽しい一日でありますように。
3日目につづく。
スポンサーサイト



日々の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<7月15日 第5回ミドルアース麻雀会 | ホーム | 高山旅行 初日 7月14日>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |