FC2ブログ

有頂天ゲーマー スーパーオデッセイのおもろい一日

京都のゲームサークル、SOLGERのメンバー、 スーパーオデッセイの、ケーム・ギャンブル・ 呑み等、おもろい(おもしろい)一日の日記です。

11月11日 ゴルフラウンド

今日は、滋賀県信楽のオレンジ滋賀カントリー倶楽部でラウンドだ。
今年4回目のラウンドになる。今日の同伴メンバーは、名古屋の沖田氏です。

10月の後半、名古屋の沖田氏から
11月11・12と連休取れたから京都に行くね。企画をお願い。
と連絡があった。そこで4つの企画を立てた。第1弾が今回のラウンドである。
沖田氏はオレンジ滋賀のコースをお気に入りでありここに決めた。
電車で来られるため、三雲駅に9時に待ち合わせ。合流後、コースへ。
朝から小雨が降っていたが昼まで止みそうにも無かった。
スタート前に沖田氏はパターの練習に向かったが
私は濡れるのを嫌がりパター練習をしなかった。この結果、
最初の2ホールが連続3パットであった。
その後も、小雨もあり調子に乗れなかったが、
同伴の沖田氏は大崩せず49で上がった。昼食後、雨も上がり
私は頑張り、後半6ホールは、オールボギー+1で良い調子であった。
沖田氏は、100を切ったことが無く、後半に掛ける気合は凄く
前半気負い過ぎで崩れたものの、連続パーで私に並んできた。
7ホール目のティショットの前に沖田氏は、
残り3ホールがオールダボでも49だ と計算していた。7ホール目のロング、
お互いセカンドまでをきっちり打ち残り100ヤードまで寄っていた。
しかし、初めての100切りを目前に緊張した結果、今まで完璧であった
アプローチがダフリ・トップと続き、上がってみると9打であった。
横で見ていた私が沖田氏の緊張度合いがはっきり見える程である。
私は笑いを必死で堪えながら、年長の友人を最後まで見守る事にした。
ここで再度計算が入り、ボギーを1つとれば、後半50の99だ
と目標を1つ下げていたが、これでも100切りに変わりはない。
さすがは本日好調の沖田氏、再び気合が入り、ミドルでボギーをとった。
私は、最終のミドルで260ヤード打ち、残りが138で8番アイアンを持った。
沖田氏は、残りが170弱残り、セカンドのクラブ選択に少考。
5番と7番を持っていたが、ボギー上がりの49・49・98を夢見て
5番で打った。しかも、バンカー越えのアプローチを避けるため
OBのある狭い左側を狙ってである。多分アドレナリン全開のショットは
無常にもOB杭を越えた。飛びすぎである。沖田氏から 終った と聞こえた。
まだチャンスはあったが、諦めた者に女神は微笑まなかった。
帰りの車の中、このような繰り返しの試練を何度か乗り越えるうちに
100切りを迎えられるんじゃないんですか と慰めた。
少々の談笑の後、我々は、第2弾の企画、飲み会に気持ちを切り替えた。


ホール 距離  パー スコア パット  備考
 1  381  4   5   2  ティショットを隣のホールに打ち込むも
                    ナイスリカバリー
 2  195  3   4   2
 3  363  4   5   1
 4  454  5   7   2
 5  368  4   5   1
 6  139  3   4   2
 7  474  5   9   3
 8  443  4   5   2
 9  398  4   4   1  7メートルのロングパットを沈める
小計          48  16
10  382  4   7   3  
11  335  4   8   3  ティショットOB
12  139  3   4   2
13  373  4   5   2
14  327  4   4   1
15  499  5   8   2  セカンドOB
16  173  3   4   2
17  518  5   8   2
18  395  4   6   2
小計          54  19

合計         102  35
スポンサーサイト



スポーツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<11月11日 京都飲み会第1弾 | ホーム | 11月6日 SOLGER例会>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |