FC2ブログ

有頂天ゲーマー スーパーオデッセイのおもろい一日

京都のゲームサークル、SOLGERのメンバー、 スーパーオデッセイの、ケーム・ギャンブル・ 呑み等、おもろい(おもしろい)一日の日記です。

10月26日 くろだ氏とアムリッツア

朝8時前に目が覚める。くろだ氏は珍しく私より先に起きていた。

鎮西軍記の話をすると、どこにあるのか分からないし
駒も切っていないとの事。私のメインの目的はあっけなく終る。
くろだ氏はアムリッツアの対戦を希望。
お互いの時間の都合で15時半に終了すると約束し朝食をとる。
ゲームスタートはちょうど9時であった。
前回私が勝ったので、くろだ氏に陣営を選択してもらう。
以外にも同盟を選択してきた。プレイ時間は6時間。
短時間で勝つには同盟しかない。したたかなくろだ氏の計算が感じられる。
第1ターンは、お互いチットが半分出る。ただし
ダイス目は私に傾き、ヤンの艦艇ユニットに2発のダメージを与えた。
第2ターン、ビュッテンフェルトは合計8ユニット除去されるも
ラインハルトの後方に逃げ込み、艦隊は崩壊せずにあった。
盤面左端をラインハルトで戦線を張り、ミッターマイヤー・メックリンガーと
完全な戦線を構築する。ミッターマイヤーは1ユニット除去されているが影響は無い。
こちらの完全な戦線を見た同盟軍は、ヤンとビュコックの合体による球形陣をめざす。
なぜかくろだ氏は、自分が球形陣のパイオニアであると言い張る。
前回、私が同盟軍を担当し球形陣で勝利したのが気に障ったのか。
私はくろだ氏が球形陣をとっているのを見たことは無い。
ただ、アレリッツアのプレイ回数は私よりはるかに多い。
不完全な球形陣を見て、攻撃を決意する。
ロイエンタール艦隊を横長に展開させ隙を作る。ヤンとビュコックの合体を
阻止するためだ。その上でラインハルト艦隊は
ヤン艦隊の端を包囲し2ユニットを除去する。ここでイニングエンド。
残ったチットは全部帝国で、ラインハルト・ミッターマイヤー・
メックリンガーが1枚ずつ残った。第3ターン、ビュコックのチットがでる。
同盟軍は何故かビュコックとヤンを合体させず、おとりのロイエンタールを
捕捉しようと迂回包囲にでる。これでヤン艦隊は孤立。ヤン艦隊20ユニットで
ラインハルト16ユニット、ミッターマイヤー13ユニット
およそ1.5倍を相手にしないといけない。
次にヤンのチットをひく。守備を無視して、ラインハルトに向かってくる。
確率的には十分対応可能であったが、くろだ氏のおもいっきりのよさと
ヤンチット4連続が重なりラインハルトの旗艦が除去。士気チェックに失敗し
負けてしまった。ここまで3ターンの前半で2時間が経過していた。
この後ゲーム棚を捜索し鎮西軍記を発見する。
5分も探していないのに見つかった。せめて次回来るまでには
駒は切っておいてほしいと思った。
スポンサーサイト



ゲーム | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<10月26日 くろだ氏と昼食 | ホーム | 10月25日 くろだ氏との飲み会>>

コメント

2イニングでヤン艦隊が五枚裏返った時には私は負けたとおもいましまた。また逆にオデッセイさんが3イニングに帝国が攻勢に出た時にはもう勝ったと思っておられたのではないでしょうか?
私はあるシーンを思い出しました。アップルトンを蹴散らしたビッテンフェルトが次はヤン艦隊に長距離攻撃から短距離攻撃に切り換えようとしたとき。ヤンになりきった私は「速いな、まだ。攻勢に出るには。」

わたしの反撃でロイエンタールとライハルトの包囲に成功。
わたしの考えでは後1イニング遅ければ増援との連動も相まってわたしも反撃を躊躇したでしょう。
2012-11-01 Thu 22:32 | URL | クロダ [ 編集 ]
くろだ氏へ。
コメントありがとうございます。
百戦錬磨のくろだ氏の域には
まだ到達できていないようです。
2012-11-04 Sun 18:29 | URL | スーパーオデッセイ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |