FC2ブログ

有頂天ゲーマー スーパーオデッセイのおもろい一日

京都のゲームサークル、SOLGERのメンバー、 スーパーオデッセイの、ケーム・ギャンブル・ 呑み等、おもろい(おもしろい)一日の日記です。

平成25年 実家ゲーム会

第一目標の鎮西軍記が終わり夕食。
勝利の美酒を味わうため、コンバットコマンダーは明日プレイすることに。
私は父と酒盛り。AMI氏には漫画単行本、剣客商売を5冊ほど渡してある。

翌朝、朝食後早速コンバットコマンダーをプレイ。
前回の例会で惨敗したシナリオ2を、弾幕の使い方を覚えた私が米軍を担当。
AMI氏の引いた勝利条件チットが重要地点5ヵ所支配でサドンデス勝利。
私は初めて見るチットである。盤上に重要地点は5ヵ所のみ。
防御側である独軍が全部支配している。タイムが1つ進むまでに
1ヵ所でも米軍が奪取しないとあっという間に敗北してしまう。
一番米軍寄りの4の重要地点に焦点を決め攻撃開始。
射撃地点まで進み射撃するも、うまい具合に独軍が回復する。
途中で作戦を変更し白兵戦での勝負に持ち込む。
手札が6枚あるので、前進1枚と待ち伏せを4枚にするために
手札を交換していく。時間が過ぎていき、独軍の射撃で
白兵戦部隊が射殺されていく。意を決し待ち伏せ3枚で白兵戦を敢行。
ここで勝利しサドンデス負けを阻止する。ここから手札のめぐりがよくなり
移動、射撃、砲撃、白兵戦と全てがうまく回っていく。
気がつけば独軍の降伏レベルまで部隊を除去して勝利。
シナリオ2初めての勝利である。少し休憩後シナリオ3をプレイ。
チット引きにて陣営を決めるが、私が独軍、AMI氏が露軍を引く。
このシナリオは防御側の露軍が鉄条網を12枚保有。
防御を考えながら配置が可能である。独軍は重火器で守られた平地を進むか
鉄条網で防御体勢を構築された森林を進むかを決断する事になる。
私は、左翼の森林を進む事に決めた。露軍の防御陣前面で撃ち合い。
最後は白兵戦で止めをさし、敗走カード等もうまく回り
気がつけば露軍の降伏レベルまで部隊を除去して勝利。
ここで昼食。母が作ってくれた冷麺を食べ再び対戦する。
コンバットコマンダーはシナリオが進む毎に新しいルールが追加されるわけではない。
よって次にプレイするシナリオはAMI氏に選んでもらった。
シナリオ12をプレイすることに。丘陵地が入り組む複雑な地形。
チット引きで私は攻撃側の米軍を担当。
盤上でもっとも高い地点に重要地点が数箇所あり、下から上に攻めあがる。
地形が入り組み射線・射界の説明を聞いたが把握できず
明確な方針の無いまま攻撃するも、当然通用するはずもなく
撃退されていく。それでも一部の兵達は白兵戦で戦果を上げる。
後半独軍の重火器が故障し進軍のチャンスがくるが時すでに遅く
時間切れで敗北となる。今日はコンバットコマンダー3連戦となり
ルールも大分把握できた。時間も中途半端に残り
もう1戦するか考えたが、早く切り上げて自宅に帰る事を選択。
AMI氏と一緒に京都駅まで行き別れた。
前半の連休は全て自分の為に使い、思う存分楽しんだ。
後半は子供達と一緒に遊ぼう。
スポンサーサイト



ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<システムベットがくる | ホーム | 4月28日 鎮西軍記リーグ開始>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |