FC2ブログ

有頂天ゲーマー スーパーオデッセイのおもろい一日

京都のゲームサークル、SOLGERのメンバー、 スーパーオデッセイの、ケーム・ギャンブル・ 呑み等、おもろい(おもしろい)一日の日記です。

1月29日 SOLGER例会

本日、SOLGER例会に出席しました。
日露戦争を1戦と、本年度SOLGERリーグ戦でプレイされている
Hannibal:Rome vs Chrthage を 1戦プレイしました。

他の方のレポート
SOLGER航海日誌

所用のため、到着が11時半に。会場到着後、AMI氏・みねさんと合流し昼食へ。
1月の例会は変則のため、今回の参加者は3人だけであった。
昼食後、AMI氏と日露戦争をプレイ。私は日本軍を担当。
AMI氏は久しぶりの日露戦争プレイのせいか、戦線が上手に構築できず
穴を見つけて包囲していった。日本軍は山地と満州平野を順調に進み
6ターンに遼陽を占領。ロシア軍司令部を鉄嶺まで後退させる。
このターンのロシア軍攻撃で、日本軍の2個師団が壊滅させられたが
7ターンにロシア軍の6ユニットを包囲。ここでロシア軍の投了。
プレイ時間は2時間弱であった。
小休止後、SOLGERリーグ戦の折り返し初戦をスタート。
ローマ軍担当の私は、イタリアの入り口を大軍で封鎖に成功。
ハンニバルとにらみ合いを続ける。アフリカンヌの登場でゲームが動き出す。
アフリカンヌをスペインに向けるが、カルタゴ側はシラクサの寝返りのプレイ後
アフリカからマゴーネをシラクサに送り込んできた。このマゴーネを退治するために
スペイン前面まで進出していたアフリカンヌをシラクサに向かわせ
マゴーネをシラクサに篭城させる。この後、シラクサをこのまま落とすか悩んだか
アフリカのカルタゴ軍が手薄だったので、別働隊にシラクサを包囲させたまま
アフリカンヌはアフリカ攻略に向かう。ここまでは順調だったが
8・9ターンは、3のカードが1枚も引けず、
アフリカに増援を送ることができなくなり、どの戦線も中途半端な状態になる。
特に、ハンニバルがローマまで来て引き返す過程で、戦役カードがあれば
ハンニバルを殺すことができるチャンスだったのだが。
9ターンになり、ローマ7点・カルタゴ10点を覆すのが難しいと判断し
城塞都市カルタゴの攻略にかかる。カルタゴ軍の色々な妨害を排除し
最後のカードプレイで、城塞都市カルタゴに2ダメージを与えていた。
アフリカンヌのダイスは3。城塞都市カルタゴを落とすことができず敗北した。
AMI氏に2連敗を喫し、優勝戦線から一歩後退する結果となる。
この後、3人で1時間ほど語り合い解散した。
スポンサーサイト



SOLGER例会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<息子と留守番 | ホーム | 新築宅拝見>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |