FC2ブログ

有頂天ゲーマー スーパーオデッセイのおもろい一日

京都のゲームサークル、SOLGERのメンバー、 スーパーオデッセイの、ケーム・ギャンブル・ 呑み等、おもろい(おもしろい)一日の日記です。

再びスキーへ 当日

予定では7時に起きて8時に出発であった。

子供達が起きてきたのは7時半であり
朝食を取り用意を済ませると8時半を回っていた。
結局、出発は9時前になった。目的地は琵琶湖バレイ。
車に乗り50分程で到着。しかし駐車場が混んでいた。
ゴンドラ駅から駐車場があり満車になるとゴンドラ駅より下になり遠くなっていく。
一番下の駐車場に止め、ゴンドラ駅までの無料巡回バスに乗るのに10分程待った。
ゴンドラ駅で私・娘・息子がスキーセットのレンタル。
ゴンドラには10時半頃に乗ることが出来た。
山頂駅は雪が沢山ありめったに見ない光景に子供達は喜んでいる。
子供達をスクールに入れようと考えていたが
定員オーバーでスクールに入れることは出来なかった。
私が娘を教え、両親が息子を教えることに。
エッジの立て方、カニ歩き、ボーゲンと教えていく。
娘はカニ歩きが出来るようになり、娘を両親に任し
息子にカニ歩きを教える。地味な作業を息子は嫌がり
キッズパークでソリ遊びがしたいと言い出した。
両親が息子を連れてキッズパークに行ったので
私と娘はリフト券を買いゲレンデを滑ることにした。
娘は何度もこけたがへこたれず少しずつ下りていく。
中腹あたりからボーゲンの要領がつかめたようで楽しいと言い出した。
最初の1本は1時間かけて降りることが出来た。
娘の初リフト乗りも上手くいき元の場所に戻った。
ここで休憩を兼ねて昼食。両親・息子と合流し昼食を取る。
食後、息子のソリ遊びを少し見学し、再び娘と滑り始める。
最初に1時間かけて降りることが出来た中級コースを
一度もこけずに10分程で降りることが出来た。
今度はリフトで転びリフトを止める経験も積んだ。
3本目は初級コースを滑る。プルークボーゲンの説明をしたが
少しは曲がれるようになり始めた。この後4本目は初級コース
5本目は最初の中級コースを滑り、最後に初級コースを滑った。
16時になり帰るよと言うと、上手になったところを
おじいちゃん・おばあちゃんに見せたいと言われ
電話で両親を呼び、娘の滑りを見てもらった。
25メートル程の下りをボーゲンで下り上手に止まった。
両親は娘の上達を喜んだが、息子は怒り出し
なんで自分には教えてくれなかったのだと文句を言い出した。
朝一番では自分と同じレベルだった姉が
ソリで遊んでいるうちに上手く滑っているのを見たので仕方ないであろう。
しかし、私の体は一つしかないので、娘と息子を見ながら
ゲレンデを下りるのは不可能である。上手く息子をなだめてその場を治めた。
帰りは少し渋滞があり、18時に山科に着く。
そのまま東大阪まで車で送ってもらい19時前には自宅に着いた。
寒いゲレンデで両親が息子と遊んでくれていたおかげで
娘は楽しい思いが出来た。いつもながら両親には感謝している。
スポンサーサイト



家族との出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<熱意は体の痛さに負ける | ホーム | 再びスキーへ 前日>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |