FC2ブログ

有頂天ゲーマー スーパーオデッセイのおもろい一日

京都のゲームサークル、SOLGERのメンバー、 スーパーオデッセイの、ケーム・ギャンブル・ 呑み等、おもろい(おもしろい)一日の日記です。

12月7日 SOLGER例会

本日、SOLGER例会に出席しました。
今日は娘と息子も一緒に参加しました。
ウボンゴを1戦・群雄割拠を1戦プレイしました。

他の方のレポート
SOLGER航海日誌

昨日は3時過ぎに就寝。目が覚めると9時前であった。
眠氏・Y澤氏も起きており、だらだらしながら会話を楽しむ。
10時半頃にタケタケ氏を起こし例会に行く準備を始める。
11時過ぎに眠氏・Y澤氏を残しタケタケハウスを出る。
朝食兼昼食をゴーゴーカレーで済まし12時前に会場到着。
AMI氏・みねさん・Fabius閣下が居てゲームをしていた。
着いてすぐに父から電話があり山科を出るとの事。
子供達を大久保まで車で送ってきてくれる。30分程で父が到着。
大久保駅まで迎えに行く。私が子供達を連れて入ると
総統氏と馬鹿王氏・王妃・馬鹿王息子が来ていた。
娘が持ってきたインカの黄金をプレイしたいと言い
娘・息子・馬鹿王息子・タケタケ氏の4人でゲームスタート。
洞窟を探検し宝を沢山持ち帰るゲーム。奥に進むか、戻るかの2択のゲーム。
同じトラブルに2回遭うと宝を持ち帰れない。
5ラウンド中一番宝を持ち帰った人が勝つ。
娘が馬鹿王息子にゲームをインストするが上手に説明出来てないようだ。
ゲームを理解しきれていない馬鹿王息子は途中で飽きてゲームから抜けた。
ゲームはそのまま続きタケタケ氏が大人の駆け引きで勝利した。
次に息子がウボンゴをプレイしたいと言い同じメンバーでプレイ。
サイコロを振り選ばれたピースを図形の書かれたタイルにはめ込むパズルゲーム。
タイルは表と裏があり、表はピースが3枚・裏は4枚とハンデがあり
大人と子供が同時に楽しむ事ができる。9回戦行う。
時間までに完成するとウボンゴと叫び別レーンに並べた宝を2つ取る。
6種類の色があり同じ色を沢山集めた人が勝つゲーム。
息子と馬鹿王息子は表の3枚側、娘とタケタケ氏は裏の4枚側をプレイ。
ゲーム慣れした息子が一番にウボンゴと声を上げる。
3回戦が終わり一度もピースを置ききれなかった馬鹿王息子が泣き始めた。
代わりにAMI氏が入りゲームを続行。ゲームは息子の勝利で終わった。
娘と息子が私のPSVITAを取り出しマインクラフトを始めた。
出してあったウボンゴにFabius閣下を誘い大人4人でスタート。
1回戦、Fabius閣下・タケタケ氏の順でウボンゴの声が聞こえる。
私とAMI氏は置く事が出来なかった。2回戦もFabius閣下が早い。
私とAMI氏はあせり出遅れていく。途中からFabius閣下の
ウボンゴという声に変化をつけ私とAMI氏は心理的に敗れていった。
順位はFabius閣下・タケタケ氏・私・AMI氏となったが
私とAMI氏の差は僅差であった。
この後私の好きな群雄割拠を同じメンバーでプレイ。
いつも3人プレイだが今回初の4人プレイ。
4人プレイは大名選択が3回と少ないため手番のつなげ方が重要になる。
初プレイのFabius閣下にAMI氏がインストを行いプレイ開始。
先頭大名が織田信長でイベントが足利義昭、
その後は龍造寺氏・武田氏・長宗我部氏と続いた。織田氏を私がプレイした場合、
東海部分支配4・近畿部分支配6プラス大都市2・東山支配1・北陸支配1の14点に
上洛チット。しかし後番の武田氏に大半を刈られてしまうと考え織田プレイを捨て
競りでは0を選択。結果はタケタケ氏とAMI氏が3点を握り
私とFabius閣下は0点であった。サイコロを振り
タケタケ氏・AMI氏・私・Fabius閣下の順番になった。
タケタケ氏の織田は東海を完全支配6・近畿部分支配6・関東部分支配4の14点に
上洛チットであった。AMI氏は龍造寺氏にチットを置き武田氏をプレイ。
無人の信濃・美濃を通り上洛。タケタケ氏に肉薄する。
私は龍造寺氏をプレイ。北九州完全支配9・南九州支配1・中国支配1と
イベントの本願寺3点で14点。-3点の先の2人を点数ではリードしたが
上洛チットが不気味である。Fabius閣下は長宗我部氏をプレイ。
イベントが最上氏だったが点数は振るわず出遅れている。
2周目、タケタケ氏が北条氏をプレイ。
次のAMI氏は今川氏・毛利氏の選択で悩んでいたが
上洛の魅力に負け今川氏をプレイ。私は毛利氏をプレイ。
北九州の地盤を残し四国にも手を出す余裕があった。ここで見た目トップに立つ。
AMI氏の2枚の上洛チットはさらに不気味である。
3周目、私が朝倉氏プラス常備軍か大友氏プラス南蛮貿易で悩み
朝倉氏をプレイ。結局Fabius閣下が大友氏をプレイ。
2回の北九州での得点計算で22点を獲得し大きくつけた差を詰められ
同点に持ち込まれた。結局私とFabius閣下が同点1位となり終了。
子供達が飽きてきたようなので少し早いが帰る事にした。
子供達にはまだSOLGER例会は少し早そうで
ゆうもあでもう少し修行してから連れてくることにしよう。
スポンサーサイト



SOLGER例会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<仕事を入れる | ホーム | 12月6日 二次会>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |